中学受験に合格するために

まず中学受験は高校や大学の受験と大きく違うところがあります。それは必ずしもする必要はないという点です。

小学校から中学校へは受験をしなくても公立への進学はできるわけです。そのため、私立中学に進学したい、子供を進学させたいというのは公立に比べて中学受験が発生するために、必然的に難易度は上がります。そして受験するのは小学生です。
大学受験などでは受験生が主体的に目標に向かって勉強してしますが、小学生は何をしていいかわからないというケースも考えられます。ここで合格する人しない人が分かれます。

まず中学受験に合格するためには周りが万全のサポートをすることがとても重要です。勉強が好きという子供は0ではありませんが少ないでしょう。ましてや小学生です。遊びたい気持ちもあるでしょう。そんな中で勉強をすることが苦痛に感じることもあるかもしれません。
そこでどう勉強を継続させるかが大事なのです。

まず、目標を明確に伝えることが大事です。ゴールの見えないマラソンほど辛いものはありません。しっかり丁寧に、到達点を伝えましょう。そしてくじけそうになったように感じたら、またそのゴールを思い出させるようにするのです。そして中学受験当日までくじけずにゴールを信じて勉強できた子が合格します。要するに中学校受験は周りのサポートと明確なゴールが必要なのです。愛媛県行ってみない?